■スノーボード、スケートボード、サーフボードの総合専門ショップ■
E.T.HARD SCHOOL STYLE (EThss/ethss)
■〒594-0023 大阪府和泉市伯太町2-1-17メゾンハピネス和泉1F■Tel 0725-44-2117■定休日 只今 無休
■http://www.ethss.net/
●●●




本年も変わらぬご愛顧を宜しくお願い致します。


プロスケーターでもあり「E.T.hss」大阪の店長でもあるタッチンこと橘 忠伸さんがこれからのSK8ページを盛り上げてくれるぞ 乞うご期待!!

今回の左の写真は、イッコウ君4年生。三重県のイチゴ畑にてバックサイドターン。あと30センチでコーピングですよぉ!!
次、行くときは、いい音鳴らしてくださいね。それにしても深いボウルですね。身長131センチの彼には、どんな景色に映ってるんでしょう。失敗の後プラットホームに全速力で駆け上がる姿がカワイらしかったです。本人的には、必死だったんでしょうけど・・・(* *)。

<<・・・・・・・・イッコウ君のギャラリーを作ってみました。左の写真をクリック・・・・・・・・・・・・・・・・

 




Tachibana Tadanobu
◇Skateboard Information◇


みんなで三重県のイチゴ畑にスケートトリップに行ってきました。
今年の参加人数はなんと30人以上!!
悪天候にも負けない奇跡の記念写真の数々。
また秋頃行きたいなぁ・・・
 

今回のイチゴツアーは総勢30名以上!!前日までの晴れマークを信じて大阪を出発した。
 高速道路の降口が近づくにつれパラパラと雨が降り出し「あの天気予報は何やったねん」という重たい雰囲気が車内に充満。走る毎に雨足は強くなり遂にはドシャ降り。あきらめのルーティーン(赤福本店めぐり)が頭をよぎり始めた頃、先に出発していたクルーから電話が入った。「着きましたよ!今、どの辺りですか?」
「後、20分程で着くけど・・・・どうなん?」
「雨っすか?それがココだけ降って無いんっすよ。」
「マジで!?それ信じて向かうわ。」
パークに近づくにつれ地面は乾きだし、到着するとそこにはカラカラに乾いたイチゴパークがあった。到着と同時に争うようにパークに入りウォームアップ開始。パーク講習会も済ませ1時間程に感じる6時間を滑り抜いた。皆の上達ぶりと楽しいセッションに満足して、帰りの車内は充実しきった無言で満ちていた。20分程車を走らせるとまたパラパラと雨が降り始めた・・・そう、あの場所だけ降ってなかった。
30人が起こした奇跡!



skateboardを楽しんでますか?

スケートボードに限らず何でも同じだと思うのですが、忘れがちな重要な事を思い出させてくれた良い話を目にしたので皆さんにも是非観て頂きたい。

スノーボードのハーフパイプのゴールドメダリスト、ショーンホワイトがルワンダ共和国にスケートボードを教えに行きました。第三世界や戦火に見舞われた国の子供たちの為に遊びやスポーツを通じて生活の進歩をさせる事を教える為です。
ルワンダの子供達は、どこの国の子供達とも変わらず、道具は違えど遊ぶということを楽しんでいます。ショーンは、何時間もかけて子供達にプッシュの仕方を教えました。子供達がスケートボードのコツをつかみ始めた頃に、ショーンは持ち込んでいたランプやセクションを使ってデモを見せてくれました。しかし子供達のテンションが一番沸き立ったのは、ショーンのデモではなく、子供達の一人がスケートボードで転倒してしまった時でした。ゴールドメダリストのトリックもこの子供達には、何の意味も持ちません。大事なのは、体験する事と一緒に楽しむ事なのです。
この話を目にした時に本当に楽しんでいるかを自分でも確認しました。皆さんも周囲や世間体にカッコつけすぎている所ってないですか?
出来る、出来ないじゃなくて楽しめている人は、輝いていますよね!



◇デッキの乗りかえタイミングって?◇

スケートデッキの乗りかえるタイミングってわかります?個人差は、ありますが一番わかりやすいのは、折れたら代える。でも折れずに使い続けていても素材は、木なので湿気を吸っては、また乾いての繰り返しをしながら足で踏まれて地面に削られて実は、気づかないうちにだんだんやわらかくなっていってるんです。僕も始めたての頃は、デッキの形がある限り乗りかえようとは、しませんでした。ただ乗りかえた時には、新しいデッキに慣れるまでなかなか本調子が出せず苦労しました。これは、やわらかくなっているデッキに気づかずに使い続け自分でやわらかくしてしまった世界で1つしかないフニャフニャデッキでしかトリックが出来なくなってしまっていたんです。冷静に考えて自分でセレクトした新しいデッキは、1番コンディションのいい状態なのです。それに乗って調子を崩してしまうのは、デッキじゃなくて自分のせいです。その事は、謙虚に受け止めてひたすら頑張りましょう。コンディションの良い物で練習するのも上達の近道です。「デッキの状態がよくわからない」と思う人は、行き着けのショップのライダーさんなどに見てもらうといいですよ。新しいデッキは、必ず跳ねる!!コンテスト中にデッキが折れたからといって「調子が戻るまで2〜3日待ってくれ」なんて言うプロスケーター居ないでしょ。


AX